第2回産官学連携シンポジウム
〜アミノ酸科学への新たな期待〜

日時:2010年6月7日(月) 13時〜19時
場所:東京大学農学部 弥生講堂(第1・3部 一条ホール、第2・4部 アネックス)
(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)
協賛:日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本畜産学会

当日の写真

previous arrow
next arrow
Slider

プログラム

13:00〜14:30 《第1部 アミノ酸と食品に関する最近の話題》
「アミノ酸成分表の改訂と新しい食品のタンパク質量算出法の提案」 野口忠
(中部大学)
「食品中化学物質のリスクについて」 畝山智香子
(国立医薬品食品衛生研究所)
「機能性食品の安全性と有用性の評価」 梅垣敬三
(国立健康・栄養研究所)
14:30〜16:00 《第2部 ポスターセッション》
ポスター演題一覧はこちら
第2部のポスター発表は、奇数番号演題は14:30〜15:30、偶数番号演題は15:00〜16:00をコアタイムとします。この間ご自分のポスターの前で質疑にお答え願います。進行によって時間が多少変わることがありますが、第1部終了時にアナウンスを致します。
16:00〜17:30 《第3部 アミノ酸・タンパク質の利用と有効性》
「育成子牛に対するトリプトファンの投与とホルモンの分泌応答」 新宮博行
(畜産草地研究所)
「加齢に伴う筋量減少(サルコペニア)の予防と栄養・運動刺激の役割」 藤田聡
(立命館大学)
「皮膚とアミノ酸」 岩崎敬治
(味の素株式会社)
「コラーゲンを食べることで期待される効果 〜その成功の秘訣〜」 野村義宏
(東京農工大学)
17:30〜19:00 《第4部 ミキサー》

参加定員:参加定員:300名(先着順)
参加費:一般3,000円、学生1,000円(当日受付にて申し受けます)

事前参加登録は終了いたしました。参加定員は先着300名ですが、まだ席に余裕がございますので、未登録で参加ご希望の方は「当日受付」にお越し下さい。

お問合せ先:シンポジウム実行委員 平林由理
〒210-8681 川崎市川崎区鈴木町1-1
味の素株式会社アミノサイエンス研究所 機能製品研究部アミノ酸機能研究室
TEL:044-244-7180 FAX:044-244-7165
E-mail:yuri_hirabayashi@ajinomoto.com

お問合せ先:参加登録・演題登録について
日本アミノ酸学会事務局
TEL:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
E-mail:jsaas@asas.or.jp

第2部ポスター発表(演題登録)

演題受付を終了致しました。








事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内

Tel:03-5981-6011
Fax:03-5981-6012
jsaas@asas-mail.jp

ページ上部へ戻る