第3回産官学連携シンポジウム
〜新発想のアミノ酸科学〜

日本アミノ酸学会主催第3回産官学連携シンポジウム
〜新発想のアミノ酸科学〜

日時:2012年6月4日(月)13:00〜18:45
場所:東京大学農学部 弥生講堂(第1・2部 一条ホール、第3・4部 アネックス)
(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)
協賛:D-アミノ酸研究会、特定非営利活動法人日本栄養改善学会、公益社団法人日本栄養・食糧学会、
社団法人日本畜産学会、日本トリプトファン研究会、公益社団法人日本農芸化学会

プログラム

はじめに
日本アミノ酸学会 会長挨拶 下村 吉治
産官学連携シンポジウム実行委員長挨拶 原 孝博
13:10〜13:40 第1部 日本アミノ酸学会 科学・技術賞の授賞式と受賞講演
「イソロイシンの糖代謝調節因子としての機能解析」 土居 雅子
((株)大塚製薬工場)
「トリプトファン代謝経路の変動および制御に関する研究」 福渡 努
(滋賀県立大学)
13:40〜16:00 第2部 講演
「食品の機能性評価モデル事業の概要について −食品の機能性評価の仕組みと表示について−」 加藤 博
(日本健康・栄養食品協会)
14:30〜14:45 休 憩
「ヘム構成アミノ酸 ALA(5-アミノレブリン酸)−醗酵生産・代謝・用途開発の現状−」 田中 徹
(SBIファーマ株式会社)
「低タンパク質飼料給与による白肝生産技術 −ブロイラーでフォアグラを作る」 中島 一喜
(畜産草地研究所)
「身近なD-アミノ酸、その存在と役割」 藤井 紀子
(京都大学)
16:00〜17:15 第3部 ポスターセッション
*第3部のポスター発表は、奇数番号演題は16:00〜16:45、偶数番号演題は16:30〜17:15をコアタイムとします。この間ご自分のポスターの前で質疑にお答え願います。進行によって時間が多少変わることがありますが、第2部終了時にアナウンスを致します。
17:15〜18:45 第4部 ミキサー
プログラムはこちら
ポスターはこちら

参加定員:300名(先着順、以下のサイトで事前登録をお願い致します。)
参加費:一般3,000円、学生1,000円(当日受付にて申し受けます)
非会員でミキサーに参加される方は、別途ミキサー代2000円を当日お支払いください。

参加登録(非会員)
参加登録(会員)

事前登録は締め切りました。当日直接会場でお申し込み下さい。

法人会員企業様には、口数に応じて1枚から5枚のご招待券をお送りします。ご招待券をお持ちの方は参加費無料となります。事前参加登録(非会員用の登録ボタンからお願いします)をお済ませの上、当日ご招待券を受付にご提出いただきますようお願いします。なお、ミキサー参加費は無料です。

第1部・第2部 演題登録
ポスターセッション 演題登録

演題受付を終了致しました。
パスワードの入力が必要です。

  • 1週間以内に受領メールが届かない場合は、学会事務局までお問い合わせ下さい。
  • 一旦登録した演題の、修正・取り消しについては、お手数ですが、事務局( jsaas@asas.or.jp )までご連絡ください。
  • 「本学会は、特許法第30条第1項の規定による「特許庁長官が指定する学術団体」に指定されております。
    本規定の適用を希望される方は、予め手続き方法を学会事務局宛にお問い合わせ下さい。

問合せ先:
シンポジウム実行委員 秋月さおり
〒305-0841 茨城県つくば市御幸が丘2
協和発酵バイオ株式会社ヘルスケア商品開発センター
TEL:029-856-4255 FAX:029-856-4288
E-mail:aminoacid@kyowa-kirin.co.jp






事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内

Tel:03-5981-6011
Fax:03-5981-6012
jsaas@asas-mail.jp

ページ上部へ戻る