第5回産官学連携シンポジウム
〜アミノ酸科学の多様な世界〜

本シンポジウムは盛会のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

日時:2018年6月18日(月)13:00~19:00
場所:東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール/セイホクギャラリー
(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1)
協賛:D-アミノ酸学会、東京都栄養士会、日本宇宙生物科学会、日本栄養改善学会、日本栄養士会、日本栄養・食糧学会、日本家政学会、日本外科代謝栄養学会、日本植物生理学会、日本スポーツ栄養学会、日本畜産学会、日本調理科学会、日本トリプトファン研究会、日本農芸化学会、日本分析化学会、日本ペプチド学会

プログラム

13:00~13:10 はじめに
日本アミノ酸学会 会長挨拶 加藤久典
産官学連携シンポジウム実行委員長挨拶 平林由理
13:10~13:40 第1部:アミノ酸の起源
座長:吉澤史昭(宇都宮大学)
宇宙および原始地球上でのアミノ酸の起源 小林憲正
(横浜国立大学)
13:40~15:10 第2部:タンパク質・アミノ酸の正しい理解と利用に向けて
座長:小林久峰(味の素株式会社)
日本食品標準成分表2015年版におけるたんぱく質およびアミノ酸 渡邊智子
(千葉県立保健医療大学)
日本人のたんぱく質、アミノ酸摂取量の現状 高田和子
(医薬基盤・健康・
栄養研究所)
アレルゲンとなる食物タンパクの摂取に関するパラダイムシフト 大矢幸弘
(国立成育医療
研究センター)
15:20~16:35 第3部:アミノ酸科学の可能性
座長:加藤久典(東京大学)
アミノ酸で植物の病害抵抗力をパワーアップ 瀬尾茂美
(農業・食品産業技術
総合研究機構)
特殊ペプチド創薬イノベーション 菅裕明
(東京大学)
16:45~17:45 第4部:ポスター発表
17:45~19:00 第5部:ミキサー(ポスター発表会場にて開催)
プログラムはこちら
ポスターはこちら

参加定員:300名(先着順、以下のサイトで事前登録をお願い致します。)

日本アミノ酸学会

参加費:一般3000円、学生無料

問合せ先:
シンポジウム実行委員長 平林由理
〒104-8315 東京都中央区京橋1-15-1
味の素株式会社 広報部学術グループ
TEL:03-5250-8183 FAX:03-5250-8314
E-mail:yuri_hirabayashi@ajinomoto.com








事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内

Tel:03-5981-6011
Fax:03-5981-6012
jsaas@asas-mail.jp

ページ上部へ戻る