第6回 JSAAS産官学連携シンポジウム

第6回JSAAS産官学連携シンポジウム
※延期のお知らせ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止の観点から、本シンポジウムは延期することと致しました。
新たな開催日程は、改めて本ホームページ等でご案内させて頂きます。
現今の状況をご斟酌賜り、何卒ご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。

アミノ酸科学リカレントと次世代研究への扉

アミノ酸科学は、かつて個別のアミノ酸の機能性に多くの注目が集まっていた時代から、今はアミノ酸の効果発現に影響する生体や環境との関連の探求に重心が移ってきており、今後さらに個別化栄養、デジタルヘルスとの融合へと発展していくものと思われます。今回のシンポジウムでは新しいアミノ酸科学につながる貴重な切り口を提供してくださるものと期待されます。

  1. 日時:2020年6月1日(月)13:00~19:00
  2. 会場:東京大学弥生講堂一条ホール
  3. 実行委員長:森下幸治(協和発酵バイオ株式会社)
  4. 実参加費:一般 ¥3,000、学生 無料
参加登録(会員)
参加登録(非会員)

【プログラム】
開会あいさつ: 13:00~
セッションI. タンパク質/アミノ酸栄養

13:10~ 1. 地域中高年者のたんぱく質・アミノ酸栄養摂取:老化に関する長期縦断疫学研究
― 大塚礼先生(国立長寿医療研究センター)
13:45~ 2. (仮題)日本人の食事摂取基準(2020年版)― 木戸康博先生(金沢学院大)

セッションII. アミノ酸標準

14:20~ 1.(仮題)アミノ酸学会の経緯
―門脇基二先生(新潟工科大)
14:35~ 2. アミノ酸分析の為のSIトレーサブルな標準物質の開発と上市
― 早川昌子先生(富士フイルム和光純薬株式会社)

休憩 15:10~
セッションIII. 腸内細菌とアミノ酸代謝

15:25~ 1. (仮題)食事由来アミノ酸と腸内細菌叢
―福田真嗣先生(株式会社メタジェン)
13:45~ 2. アミノ酸のキラリティが調節する生理機能と病態生理
―笹部潤平先生(慶応義塾大)

ポスターセッション 16:45~
ミキサー 17:45~(@弥生講堂アネックス)






事務局

〒112-0012
東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
一般社団法人学会支援機構内

Tel:03-5981-6011
Fax:03-5981-6012
jsaas@asas-mail.jp

ページ上部へ戻る